Java Silver

【意外と知らない】Javaの資格一覧をまとめました

Java Silverとか以外に、Javaの資格ってあるの?

 

Nanayaku
就職で使えるのは、Oracleが認定しているJava Silverなどですが、それ以外にもJavaの資格はあります。

今回は、Javaに関する資格について解説していきます。

 

Oracle認定Javaプログラム

Oracle認定Javaプログラムは、Javaを開発しているOracle社が提供しいている公式の資格です。

この資格は、Bronze(ブロンズ)・Silver(シルバー)・Gold(ゴールド)の3種類あります。

Bronze

Blondは、Oracle認定Javaプログラムの中で1番難易度が低いです。

これからJavaを勉強する初心者向けの資格になります。

試験内容は、Javaの文法や基本的なプログラミングの知識を問われます。

Bronzeは、日本国内でのみ通用する資格のため、正直取らなくていいです。

 

Silver

Silverは、Java開発の基本的な知識を持っている開発初心者向けの資格です。

試験内容は、例外処理やJava API・データ型の操作と言ったJavaの基本、Javaでプロジェクトを進める上で発生する問題への対処も問われます。

こちらは、海外でも使用できる国際資格です。

【初心者のための】Java Silverの申込方法

Silverの取得を目指す場合は、「徹底攻略Java SE 11 Silver問題集」がオススメです。

 

Gold

Goldは、自力で機能実装ができる開発中〜上級者向けの資格です。

こちらの資格は、Javaエンジニアでも取得している人が少なく、持ってたら高く評価されます。

試験内容は、Java開発の高度なプログラミングの知識が問われます。

また、設計の意図を読み取り、それに添った開発についても問われます。

こちらは、海外でも使用できる国際資格です。

Goldの取得を目指す場合は、「徹底攻略 Java SE 8 Gold 問題集」がオススメです。

 

Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、「サーティファイ株式会社」が実施している日本国内の民間資格です。

この資格は、3級〜1級まであり、3級が1番難易度が低いです。

2級まで筆記試験が実施され、1級では仕様書を作成する実技試験が実施されます。

サーティファイ株式会社の公式サイト

こちらの資格は、国内でのみ通用する資格のため、Oracle認定Javaプログラムより評価が低いです。

そのため、無理にこの資格を取得するべきではありません。

 

まとめ

Javaの資格は、「Oracle認定Javaプログラム」と「Javaプログラミング能力認定試験」の2つあります。

転職など、履歴書に書ける資格を取得したい場合は、Oracle認定JavaプログラムのSilverとGoldを取得しましょう。

 

こちらもCHECK

【初心者のための】Java Silverの申込方法

続きを見る

【1分で分かる】Java Silverを取得するメリット

続きを見る

【初心者が】2週間でJava Silver SE11 を合格するためのロードマップ

続きを見る

-Java Silver
-

© 2020 Nanayaku blog Powered by AFFINGER5