Java Silver

【1分で分かる】Java Silverを取得するメリット

 

Java Silverを取得して、どんなメリットがあるの?

 

プログラマーを目指して、資格を取得しようとする人は多いです。

また、現役のプログラマーやエンジニアの中にも、次の仕事につなげるために資格を取ろうとしている人がいます。

 

この記事では、Java Silverを取得するメリットについて解説しています。

こんな方におすすめ

  • 就活・転職中の人
  • 現役のエンジニア(特にSES)

Java Silverのメリット

結論から言うと、Java Silverを取得するメリットは無いに等しいです。

Java Silverを取得しているからと言って、採用で有利に働きません。

 

採用で重視しているもののグラフ

引用:NPO法人キャリア権推進ネットワーク

 

グラフからも分かるように、企業は資格の有無を選考に反映していません。

もちろん、資格がなければ働けない職業もありますが、Java Silverなどのプログラミングの資格は、持っていなくても仕事ができます

 

私はなぜJava Silverを取得したのか?

私がJava Silverを取得した理由は、単純でお金が手に入るからです。

私が所属している企業には、資格取得支援制度があり、資格を取得すると受験費と祝金が支給されます。

 

Java Silverは学習コストが低く、現役のエンジニアでJavaの研修を受けたことがある人なら、すぐに取得できます。

気になる方は、こちらの記事もご覧ください。

【超最速】1週間でJava Silver SE11 を合格するためのロードマップ

 

最後に

Java Silverを取得することにメリットはありません。

しかし、所属している企業の制度を利用することで、臨時収入を手に入れることができるかもしれません。

是非、社内制度を確認してみてください。

 

-Java Silver
-

Copyright© Nanayaku blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.