Java Silver

【初心者が】2週間でJava Silver SE11 を合格するためのロードマップ

 

Java初心者だけど、Java Silverを受験して合格できるのかな?

Bronzeからやったほうがいいのかな?

 

初めてプログラミング言語を学習すると、「資格って取っておいた方がいいのかな?」と言う疑問が出てくると思います。

 

この記事では、Java初心者でも2週間でJava Silverを取得できる学習方法を解説しています。

 

関連

Java経験者の方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

【超最速】1週間でJava Silver SE11 を合格するためのロードマップ

こんな方におすすめ

  • Java初心者で資格を取ろうか迷っている人
  • BronzeとSilverのどちらを受験しようか迷っている人

なぜJava Silverからなのか?

初学者の方は、なぜJava Bronzeから順番に取っていかないのか?と疑問に思うかもしれまん。

それは、Bronzeは資格としての権威がほとんどないからです。

Bronzeの出題範囲は、演算子やループと言った基礎的な内容です。

そのため、履歴書などで、ほとんど評価されることはありません。

誤解を恐れずに言うと、受けるだけ時間のムダです。

 

2週間のロードマップ

1〜9日 基礎固め

「スッキリわかるJava入門 」を1回ざっくりでいいので読み進めます。

細かい仕様や文法は、完璧に理解しようとしないことが大切です。

 

次に、「徹底攻略 Java SE 11 Silver 問題集」の1章から11章までの問題を解いていきます。

この時、和からいない部分は「スッキリわかるJava入門 」で調べながら解いていきましょう。

2周目は、何も見ないで約7割取れるよう頑張りましょう。

 

10〜14日 演習

ここからが本番です。

「徹底攻略 Java SE 11 Silver 問題集」の12、13章の総合問題を解いていきます。

これは最低2周しましょう。

最終的には、12、13章の両方で9割ほど取れるよう頑張りましょう。

これくらい取れれば、ほぼ合格したと言えます。

 

最後に

初心者でも、Java Silverは十分取得できる資格です。

自分にはまだ早いと思わず、チャレンジしてみて下さい。

 

-Java Silver
-

© 2020 Nanayaku blog Powered by AFFINGER5