【プロフィール】工場のライン作業からプログラマーへ

私が転職を決意したのは、ある女の子の応援がきっかけでした。

 

なんでもできる!なんでもなれる!輝くみらいをー  抱きしめて!

フレフレみんな!フレフレわたし!いっくよー!

 

彼女とは、

プリキュアシリーズ15作品目の「HUGっと!プリキュア」のキュアエール(野乃 はな)です。

彼女の応援がなければ、今も工場でライン作業をしていたでしょう。

 

はじめまして、Nanayaku(@789__PQ)と申します。

嘘のような話ですが、プリキュアの応援で転職をし、2020年の2月からSES企業でプログラマーとして働くんです。

 

大学時代

私は、実家に近いFラン大学に通っていました。

死ぬ気で勉強やアルバイトを頑張ることはなく、研究室で友人とスマブラをしながら過ごしていました。

 

就活では、2社だけエントリーし、内定をもらったら早々に就職活動を終了させました。

自分で書いててなんですが、相当イカれてますね。

 

前職の4年間

私は、某有名企業のグループ会社の食肉加工工場(と殺場)に幹部候補生として入社しましたが、4年間ずっと現場のライン作業を担当していました。

肉体労働で、いつも体のどこかが痛む状況だったため、休日はほとんど家で休んでいました。

 

仕事が慣れはじめると、だんだんすさんでいき、経済的に困窮するような生活をするようになっていきました。

  • 会社の飲み会の2次会で行ったスナックに毎週通う
  • スナックの女の子に誘われてマルチをやってみる
  • 積立型の生命保険に入る
  • 車をローンで購入する

 

キュアエールとの出会い

マルチをやった時に、複数の収入源や不労所得が欲しいと思い、副業について調べるようになりました。

その中にプログラミングがあり、Progateやドットインストールをやっているうちに、プログラミングが楽しくなりました。

今の仕事続けていたら絶対体を壊すし、転職したいな」とずっと考えていました。

 

いつものようにプリキュアを見ていて、オープニング前の掛け声

 

なんでもできる!なんでもなれる!輝くみらいをー  抱きしめて!

フレフレみんな!フレフレわたし!いっくよー!

 

を聞いて、この「みんな」には自分も入っていると思った瞬間、15年分のプリキュアの回想が走馬灯のように流れ、今ならなんでもできそうと思い、転職を決意しました。

あの瞬間は体に電流が流れましたね。

次の日には、上司に辞めたいと報告していました。

 

tech boostを受講

私は会社を辞めて、岩手の実家に帰りました。

東京でプログラミングスクールの教室に通えるほどの貯金がなかったため、コスパが良く、オンラインで学習できるtech boostを受講しました。

tech boostで学習したことのアウトプットと情報発信力を鍛えるために、このブログを運営しはじめました。

tech boostのことは、このブログ内で解説しています

tech boostの無料説明会を受けた感想

 

現在

tech boostのキャリアサポートの助けもあり、2020年の2月からSES企業に入社します。

 

転職前の私は人生をあきらめており、一生この会社から働くんだろうなと思っていました。

 

しかし、1人の女の子の応援で、私の人生はガラリと変えることができました。

 

小さなきっかけで、人は新しい一歩を踏み出すことができます。

 

何かに挑戦したいけど、一歩踏み出せない、そんな人にこの言葉を送ります。

 

なんでもできる!なんでもなれる!輝くみらいをー  抱きしめて!

フレフレみんな!フレフレわたし!いっくよー!

Copyright© Nanayaku blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.