Ruby / Rails

[Rails]rubocopでコードをキレイに整える

2019年9月11日

こんにちは、Nanayakuです。

今回は、rubocopと言うGemを使用してコードをキレイに整える方法を紹介します。

【Rails】Rubocopを使ってコーディング規約に準拠させる方法 | vdeep」を参考にしました。

インストール

developmentに「rubocop」を追記し、bundle installします。

group :development do

  gem 'rubocop', require: false

end

 

設定

インストールすれば、そのまま実行することができます。

しかし、デフォルトの状態だと、自分が書いていないコーにも警告を出してしまいます。

そのため、コーディング規約や範囲を定めたファイルをプロジェクト直下に「.rubocop.yml」ファイルを作成します。

【Rails】Rubocopを使ってコーディング規約に準拠させる方法 | vdeep」を参考に、自分は以下のように設定しました。

Rails:
  Enabled: true

AllCops:
  TargetRubyVersion: 2.6.3
  Exclude:
    - vendor/bundle/**/*
    - bin/*
    - db/**/*
    - config/**/*
    - Gemfile
    - lib/**/*
    - log/*
    - jobs/*
    - channels/**/*

Style/FrozenStringLiteralComment:
  Enabled: false

Style/Documentation:
  Enabled: false

Metrics/LineLength:
  Enabled: false

Style/ClassAndModuleChildren:
  Enabled: false

 

実行

下記のコマンドで、コーディング規約に合わない箇所を教えてくれます。

$ rubocop

通常なら問題の場所を1つ1つ手作業で直していきますが、「-a」とオプションをつけるとrubocopが自動で直してくれます

$ rubocop -a

 

実行すると画像のように直してくれます。

 

参考サイト

【Rails】Rubocopを使ってコーディング規約に準拠させる方法 | vdeep

 

最後に

備忘録がわりに作ったので、間違っている所とかあったら、コメントくれると嬉しいです。

-Ruby / Rails
-

© 2021 Nanayaku blog Powered by AFFINGER5