プログラミング

コメント機能の追加

投稿日:

こんにちは、Nanayakuです。

今回は、いいね機能の追加について解説していきます。

モデルの作成

コメントを保存するためのcommentsモデルを作成します。

commentsモデルは、表のようなテーブルになります。

Commentsテーブル
ID(integer) user_id(integer) topic_id(integer) content(string)
1
2

以下の作成・読み込みコマンドを実行します。

$ rails g model comments user_id:integer topic_id:integer content:string

$ rails db:migrate

 

commentsモデルのアソシエーション

commentsモデルのはUser・Topicモデルに対して、以下のアソシエーションを持ちます。

  • UserとTopic複数のCommentを所有します。
  • CommentはUserとTopicをそれぞれ1つづつ所有します。

それぞれのモデルに

  • userモデル(app/models/user.rb)には「has_many :comments」
  • topicモデル(app/models/topic.rb)には「has_many :comments」
  • commentモデル(app/models/comment.rb)には「belongs_to :user belongs_to :topic」

が追記します。

また、空欄で投稿できないようにcommentモデルにバリデーションを設定します。

validates :content, presence: true

 

コントローラーの作成

$ rails g controller comments

このコマンドでcommentsコントローラーを作成します。

コメント投稿画面へ遷移するnewアクションについて説明します。

@topic = Topic.find_by(params[:topic_id])

コメント投稿画面では、コメントとユーザー情報を取得できますが、topic情報(id)を取得出来ません

そのため、投稿画面に移動する時にtopic_idを取得します。

createアクションは、インスタンス変数(@comment)にコメント・topic_id・user_idを格納しています。

 

ルーターの作成

以下のように設定します。

get '/comments/:topic_id/new', to: 'comments#new', as: 'comments'

post '/comments/:topic_id/create', to: 'comments#create', as:'comments_create'

as」はルーティングに名前を指定出来ます。

「get」はcomments_path、「post」はcomments_create_pathと指定しています。

 

View(リンク)の作成

コメント投稿画面は画像のようにしました。

コメント投稿画面へのリンクは画像のようになります。

それぞれのパスが「as」で指定した名前だと確認できます。

コメントを表示は画像のようになります。

アソシエーションで関連づけているため、「topic.comments」でそのtopicのコメントを取得できます。

表示する場合は、「テーブル名.カラム名」で、そのコメントを表示することが出来ます。

 

最後に

備忘録がわりに作ったので、間違っている所とかあったら、コメントくれると嬉しいです。

今回作成したサンプルをGitHubにあげました。

https://github.com/sabakan789/test.rails

-プログラミング
-

Copyright© Nanayaku blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.