雑記

【ブログ初心者向け】Rinkerのような商品リンクを「もしもアフィリエイト」で作成

Amazonアソシエイトの商品情報APIの取得方法が変わっていて、Rinker(リンカー)が使えない。

 

Nanayaku
私も現在、商品情報APIを取得できず、Rinker(リンカー)の使用を諦めています。

しかし、もしもアフィリエイトでRinker(リンカー)のような商品リンクを作成することができます。

今回は、その方法について解説していきます。

この記事を読んで欲しい人

  • Amazonアソシエイトの商品情報APIの取得方法が変わり、APIが取得できていない人
  • どうしてもRinker(リンカー)のような商品リンクを付けたい人
  • もしもアフィリエイトで、すでにAmazon・楽天・Yahooショップと連携中の人

 

もしもアフィリエイトで商品リンク作成

商品リンクの作成は、非常に簡単です。

まず、ホーム画面の「楽天市場・Amazon.co.jp 簡単リンク」のボタンをクリックして、作成フォームに移動します。

 

入力フォームに掲載したい商品のURLまたは商品名を入力します。

商品名だと検索でいない場合があるので、URLがおすすめです。

 

商品が検索されると、最初に商品リンクの見た目を確認できます。

 

次に、埋め込みURLが生成されています。

この時、レスポンシブを有効にするため、赤矢印のタグをheadに貼り付けます。

これは、外観→テーマの編集でheadに貼り付けられます。

AFFINGER(アフィンガー)を使用している場合、AFFINGER5管理→Google・広告/AMP→Google自動広告の設定に貼り付ければ完了です。

最後に、リンク先のボタンを選択すれば、商品リンクの設定は完了です。

 

作成された埋め込みURLをブログの表示したい位置に、テキストで貼り付ければ、Rinker(リンカー)のような商品リンクができます。

 

最後に

今回紹介した方法は、AmazonアソシエイトのAPIを取得するのが面倒に感じた人向けです。

Rinker(リンカー)のような商品リンクを簡単に作成できるので、ブログを始めたばかりの人もすぐに作成できます。

-雑記
-

© 2020 Nanayaku blog Powered by AFFINGER5