その他

Dockerのデータ永続化の時の注意点

2019年9月19日

こんにちは、Nanayakusです。

Dockerのデータを永続化する時に、詰まった所があったので紹介します。

Dockerのデータを永続化!Data Volume(データボリューム)の理解から始める環境構築入門 | Enjoy IT Life」を参考にデータの永久化の設定を行いました。

結論から言うと、インデントがズレていただけでした。

データの永続化をするには、「volumes」を追記する必要がありますが、そのインテンドがズレていました。

version:  '3'
services:
  db:
    image:  postgres
    environment:
      POSTGRES_PASSWORD: example
    volumes:
      - postgresql-date:/var/lib/postgresql/date
    tty:  true
  web:
    build:  .
    command:  bash -c "rm -f tmp/pids/server.pid && bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'"
    volumes:
      - .:/myapp
    ports:
      - "3000:3000"
    depends_on:
      - db
    tty:  true
 volumes:
   postgresql-date:
     external: true
     driver: local

これで「$ docker-compose up」をしても、servicesにvoloumesがないとエラーになります。

version:  '3'
services:
  db:
    image:  postgres
    environment:
      POSTGRES_PASSWORD: example
    volumes:
      - postgresql-date:/var/lib/postgresql/date
    tty:  true
  web:
    build:  .
    command:  bash -c "rm -f tmp/pids/server.pid && bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'"
    volumes:
      - .:/myapp
    ports:
      - "3000:3000"
    depends_on:
      - db
    tty:  true
volumes:
  postgresql-date:
    external: true
    driver: local

voloumesのインテンドはservicesと同じ位置でないとエラーになります。

-その他
-, ,

© 2021 Nanayaku blog Powered by AFFINGER5