プログラミング

CRUD(クラッド)について

こんにちは、Nanayakuです。

CRUD(クラッド)とは、どう言うものなのか備忘録がわりに説明していきます。

CRUDとは

CRUD(クラッド)とは、データベース管理システム(DBRS)に必要な4つの主な機能の頭文字を並べた用語です。

その4つの機能とは、

  • Create(作成)
  • Read(読み取り)
  • Update(更新)
  • Delete(削除)

の事です。

Railsには、O/Rマッパーがあるため、DBのコマンドを書かなくてもCRUDの処理が出来ます

Railsのアクションが、CRUDのどれに当たるのか解説します。

 

Create

createnewアクションが作成(Create)に当たります。

newは、クラスをインスタンス化するので、Createの準備のような感じです。

 

Read

showindexアクションが読み込み(Read)に当たります。

 

Update

updateeditアクションが更新(Update)に当たります。

editは、更新する前の情報を抽出しているので、Updateの準備のような感じです。

 

Delete

destroyアクションが削除(Delete)に当たります。

 

参考サイト

クラッド (CRUD)とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CRUDとは - 用語集 | ダイヤトレンド株式会社

 

まとめ

CRUD(クラッド)とは、データベースの管理のために必要な4つの主要機能の頭文字を並べた用語です。

4つの機能とは、Create(作成)・Read(読み取り)・Update(更新)・Delete(削除)の事です。

-プログラミング
-

Copyright© Nanayaku blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.